肌のために毎日同じ時間に寝ましょう!

すこやかな肌になるためには、正しいスキンケアはもちろん、体のバランスも必要不可欠です。日頃の食事、睡眠、運動などを見直して、体の内側からきれいにしていくことが輝く肌へとつながっていきます。そして健康的な体と素肌を手に入れましょう。

美肌になるためのルールは肌のゴールデンタイムの時間に寝ることです。
肌のゴールデンタイムは夜の10時から深夜の2時の間です。そもそもこれは、原始時代から人のからだの中に刻まれた体内時計に基づいた生活をするべきだという説からこのように言われています。

しかし、今の時代、夜10時から深夜2時の間に寝ることはなかなか難しいです。
なので、およそ午前0時から半までに睡眠をとるようにしたらいいでしょう。
またその他に、ベッドに入る時間が毎日異なると、体内時計を乱すことになり、それが成長ホルモンにも影響し、肌にも関わることなので、就寝時刻は一定させましょう。肌の調子をよくするためにも、なるべく毎日午前0時から半までの間には寝るようにしてください。




睡眠は肌にとても影響!!

ほとんどの人は、体の内側からというと、第一に思いつくものは「食事」だと思います。
しかし、実は食事よりも一番大切なことは睡眠です。そこで、肌をよみがえらせる力を持つ睡眠について紹介したいと思います。

例えば、夜更かしをした次の日は、何だか頭が痛かったり、一日中やる気が起きなかったりと、体調がよくないと思います。その原因は、夜の睡眠中に体全体(肌を含む)が修復されているからです。
修復は、起きてからの活動中は、脳にほとんどの血液が集中します。なので、栄養が肌には行き渡らないようになっています。しかし、血液は寝ると体の各所に流れていき、栄養が肌にも行き渡るような仕組みとなっています。

また、成長ホルモンの分泌が最も活発になるといわれている時間は、眠り始めた約3時間のうちです。
この成長ホルモンによって、細胞分裂が肌内部で行われています。最低でも約6時間ほどはかかるといわれている肌や内臓の修復。そのため、睡眠が6時間をきると肌トラブルの原因になるかもしれません。このようなことから、毎日の睡眠は最も大切ということが分かるでしょう。




輝く肌のために深く質の良い睡眠を

寝始めてから約3時間の間に、成長ホルモンは分泌されるため、この時間の睡眠は深くて質の良いものでなければなりません。それが肌へ大きな影響を与えることにもなります。みなさんは、毎日きちんとした睡眠をとっていますか?

深くて質の良い睡眠をとるためには、まずは寝る環境をつくることが大切です。
最近では、寝る前に必ずパソコンをしたり、携帯電話でメールや電話をしたり、テレビを見たりするなど、活発に脳が動いたままの状態で、ベッドに入る人も非常に多いです。そのようなことが原因で、深く質が良い睡眠をきちんととれていない人がたくさんいるのが現状です。

寝床の電気を1時間前ほど前に暗くすると、メラトニンというホルモンが分泌されて、睡眠への準備が始まるのです。
遮光カーテンを使用すると、外の明かりを気にすることがないので、もし、外の明かりを気にする人は、是非遮光カーテンを使うことをおすすめします。そして睡眠を邪魔されないような環境をつくってきちんと睡眠をとるようにしましょう。



人気の脱毛サロンは、脱毛サロンのおすすめランキングで調べることができます。
美肌をつくり、体形を維持するには、酵素で置き換えダイエットに挑戦してみるのもおすすめです。
ダイエットに何回も挑戦したけれども、自分だけではどうしても痩せられないといった人には、エステサロンの痩身プログラムを試してみることをおすすめします。
薄毛が気になりだし始めたら、育毛剤で早めのケアがおすすめです。